忍者ブログ
面白かったり続きが気になったりするノベル系フリーゲームの感想とメモ (‘┏Д┓‘ ) (ネタバレ注意ッ!!)
Posted by - 2020.06.06,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by あんじ - 2011.05.17,Tue
Novectacle.jpg


Novectacle(ノベクタクル)様

「目が覚めたとき、僕たちは記憶を失っていた」
 
 霧の魔女名義で開かれた同窓会に、六人の男女が赴いた。
 同窓会の場は、かつて彼らが寝食を共にした、フランス・ストラスブール。
 昔の友人たちと、過去を懐かしみながら、小旅行を行う――そのはずだった。
 
 しかし、男たちが乗る車が何者かによって襲撃され
 次に彼らが目を覚ました時、彼らは、古ぼけた洋館にいた。
 
「おまえは恐ろしくないのか!? この、意味のわからないっ、現状を……!」
「記憶を失っても、そういうのは残っているらしいなあ――またひとつ発見だ」
「今、僕たちが仲間割れしたって、意味がないだろ!?」
 
 記憶を失ったという彼らの、不安定で、一触即発の雰囲気の中
 閉ざされた扉が開く――。
 そこに現れたのは、状況を知らない、あまりに無垢で、明るい女たちだった。
 
--------------------------
 
 思い出さなければいけない記憶。
 思い出してはいけない記憶。
 同窓会に来ないはずだった女。
 集団記憶喪失が起きても、恋人の愛だけを確認する女。
 真実をひた隠しにする男。
 見知らぬ人間の眼差し。
 
 この世の中に存在する、隠された事実。
 それらがひとつひとつ、明らかになる度に、彼らの運命は壊れていく。
 
 悲劇と、絶望へのカウントダウンが始まった。
 総勢九名のキャラクターが織りなす、サスペンスストーリー。

「……それで、誰が霧の魔女だと言うのだね?」


■「僕を証明するのは、記憶か環境か」閉鎖された館で起きるサスペンス群像劇
 

最初から得体の知れない不穏な空気に包まれてるんですが、
決定的な問題が発生しても戦場でパスタのお国柄とか僅かに笑い要素もあって、
まだなんとか救いがあるんじゃないかとか思ってるうちに…(´・ω・`)


以下ネタバレ
クローンが題材のお話は漫画や映画で見たことあるんだけど、
この作品ではクローン側の裏生活は深く書かれてないので想像力が必要です。

部分的なスペアじゃなく違和感なくまるっと入れ替わるには、どんな場所でどんな教育が施され、
記憶を弄られているんだろうか。

全てを知ったネインが、クローンであり続ける胸のうちの痛みをメルに打ち明ける描写が巧みでした。
クローン同士でも惹かれあってしまったメルと彼女が表と裏の世界で一旦お別れしたあと、
こんな風に再会するしかないところも悲しい。

最愛の人物が死んじゃって、本人が生き返るならまだしも本人以外の記憶を持つクローンが
戻ってくるって不気味じゃないか…?
赤ちゃんならなんとかなりそうだけど、ある年齢いったら勘弁してほしい。

何か、男性陣がかわいそす…
マリーア連れて逃げるつもりだったヤコポせつねえ(´・ω・`)



読後、気分はちょっと沈みますが、
とにかく絵が美しかった。メル兄さん美少年過ぎる!

登場人物はみんな西洋人、服装も昔の衣装を身に付けてるので雰囲気が◎
ポーリーンだけ改造着物っぽい?


何も知らずにプレイしてましたが、
この作品は番外編でサイトではまったく別のお話の体験版もあるようです♪

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks

Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]